ロゴ

今月の京都イベント情報

8月のイベント情報

京都国立近代美術館

営業時間9時30分~17時/月曜休館 TEL075-761-4111 交通市バス京都会館美術館前

平成30年度 第3回コレクション展

2018(平成30)年8月4日(土)~10月8日(月)

山口華楊特集ー新収蔵作品を中心にー (~8/26まで)  
明治32(1899)年京都市に生まれた山口華楊は、優秀な友禅染め職人であった父や、やはり日本画家になった兄の影響で幼い頃より絵を描くことを好み、同45年動物画の名手・西村五雲門下に入る一方で、大正5(1916)年京都市立絵画専門学校(絵専)別科に入学し、さらに研究科に進学します。学校では、伝統的な筆による写生だけでなく、洋画家太田喜二郎から鉛筆でのスケッチを学びました。また、病弱であった師五雲のすすめにより、竹内栖鳳塾の研究会竹杖会に参加員として出席してもいます。在学中、第10回文展に初入選した後は、途中国画創作協会に出品して落選したこともありましたが、昭和2(1927)年、同3年と帝展で2年連続特選となるなど、以後官展系展覧会を中心に活躍。師五雲や栖鳳から受け継いだ円山・四条派の写生の伝統に、絵専で学んだ近代西洋画や革新的な日本画の知識を取り入れて近代の花鳥画を産み出し、《黒豹》に代表される、近代的な構成を持つ独自の動物画を完成させました。他方では、大正11年から母校で教鞭をとるとともに、昭和3年師五雲亡き後の画塾(晨鳥社)を率いて、後進の育成にも力を注ぎ、両方の功績により、同56年文化勲章を受賞しました。本特集では、2016年度に華楊のご遺族様よりご寄贈いただいた本画2点と本画制作に至るまでの過程を示す下絵や素描、それに昭和18(1943)年海軍省派遣画家として従軍した折に南方で描いたスケッチを中心に、これまでにご寄贈、ご寄託いただいたり収蔵したりした作品を加えて展示いたします。

京都市美術館

営業時間9時00分~17時/月曜休館 TEL075-761-4107 交通市バス京都会館美術館前

 

平成29年4月10日から再整備工事のため本館は休館し,別館のみ開館しています。本館は平成31年度中のリニューアルオープンを予定しています。

 

京都国立博物館

営業時間 9時~17時/月曜休館 TEL 075-541-1151 交通市バス三十三間堂博物館

特集展示 謎とき美術!最初の一歩

2018(平成30)年7月21日(土) ~ 9月2日(日)

お寺の襖に描かれた龍や虎、着物にデザインされた松竹梅など、京都の街なかでもよく見かける、あの生き物や植物には、どんな意味が込められているのでしょう。お子さまや海外からお越しの方など、初めて日本美術にふれる方におすすめの展示です。謎解きをしながら、美術を楽しんでみましょう。


京都文化博物館

営業時間10時~18時/月曜休館 TEL075-222-0888 交通地下鉄烏丸御池駅

西尾維新大辞展〜京都篇〜

2018(平成30)年7月7日(土)〜9月17日(月・祝) 

「京都の二十歳」としてデビューし、昨年作家業十五周年を迎えた西尾維新の展覧会『西尾維新大辞展~京都篇~』が、7/7(土)から9/17(月・祝)まで京都文化博物館にて開催! 京都が舞台のひとつとなっている戯言シリーズをはじめ、〈物語〉シリーズ、忘却探偵シリーズを中心に西尾維新の世界を紹介する本展では、かつてない”広大な辞書空間”となった会場を舞台に、作品に登場する数々の名文や、装画・アニメーション原画や動画を展示。さらに初公開となる「書き下ろし小説」、西尾維新の世界を五感で味わえる「体験型展示」など、様々な方法で西尾維新を紹介する。そして、東京にはじまり大阪、岡山、名古屋、福岡と全国開催された本展はいよいよ京都の地でファイナルを迎えることとなる。

アサヒビール大山崎山荘美術館

営業時間 10:00-17:00(最終入館 16:30) TEL 075-957-3123 交通JR 山崎
阪急 大山崎

夏のアサヒビール大山崎山荘美術館コレクション

2018年7月28日(土)-2018年9月2日(日)

色彩は、古今東西の作家にとって着想の源でありつづけ、作家たちは、色彩の探求によって多種多様な表現の地平を切り拓いてきました。私たちは、色彩からその象徴性を連想し、意味を感じることもあれば、配色や形が生むリズムを楽しむこともできます。色彩の組みあわせは、寒暖や軽重、興奮と鎮静、前進と後退など、さまざまな感情を呼び起こします。 
 本展覧会では、アサヒビール社のコレクションからアメリカの抽象画家サム・フランシスの作品を当館で初めて公開するほか、素材の微妙な調合により釉薬を生みだした河井寬次郎と濱田庄司のやきものや、筆触分割による色彩の組みあわせで光と影を捉えようとした印象派以後の絵画など、色彩にまつわる多彩な表現をご紹介します。